漆を楽しむ 金継ぎ・蒔絵

金継ぎ
日本には焼き物の修理方法として、漆によって接着し、
金で飾るという修理技術が伝わっています。修復したい器、
置物などお持ちください。 割れてしまった茶道具や
大切な器にもう一度命を!最低全6工程の作業となります。

蒔絵
漆の塗り板、半月皿などに蒔絵を施します。
1回1工程で仕上げまで9工程かかります。
基礎終了後、各自希望の物に蒔絵をほどこします。




講 師: 次田 篤史
日 時: 第1・3火曜日   10:30〜12:30
第1・3土曜日  13:30〜15:30
受講費: 4,000円(1回) チケット:23,000円/6回
(絵漆、生上味漆、テレピン油など
18種類の共同使用消耗品を含む)
設備維持費: 500円(年間)
材料費: 金粉・時価(H20・9月現在 1g4,000円)
道具代: 2,500円(蒔絵筆など計5点 消費税込)
場 所: 中央工学校10号館 地図
お申込みはこちら
トップページに戻る

Copyright 1999-2011 一般財団法人日本文化生涯学習振興会21 All Rights Reserved